私がコーチングとカウンセリングの両方を学ぶ理由

こんにちは。
今回のテーマは「私がコーチングとカウンセリングの両方を学ぶ理由」です。

このブログの位置づけ

もともとこのブログには、先生に役立つ内容を書いていました。

最近ではもう一つのブログを立ち上げました。
カウンセリングやコーチングに関する情報はそちらのブログに載せています。
ご興味のある方はこちらもご覧ください。

https://enoar.com/

これからはブログの内容によって、書くサイトを分けようと思います。

  • 普段私が感じていること = Hitsuji Note(本ブログ)
  • コーチングやカウンセリングに関する等 = https://enoar.com/

よろしければどちらも読んでいいただけると嬉しいです。

人はマイナスのときもプラスのときもある。

さて本題に入ります。

私がどうしてコーチングとカウンセリングの両方を学ぶのか。

いきなりですが、質問です。

今このブログを読んでくださっている、そこのあなた。

あなたの心は今、マイナス状態ですか?(不安や焦り、心配なことが多い状態)
もしくはプラスな状態ですか?(ワクワクや前向きなことが多い状態)

こう聞かれたとき、こう思う人もいるのではないでしょうか。

「うーん…それはときと場合によるかも」
「前向きな面と心配や不安な面、両方あるなあ」

もちろんこんな方も中にはいると思います。

「前に向かってどんどん進めています」
「今は悩みなく行動できています」

反対にこんな人もいるかもしれません。

「ずっと心がブルーな気持ちです」
「何をするにも億劫です」

人生において、ずっと前に向かって進み続けるのは正直大変です。
山があれば谷もある。

また大きな波が来て飲み込まれそうなときもある。
反対に追い風が吹いてうまくスイスイと進むこともあります。
それは誰だって同じだと思います。

だからこそ、私はその人の心がマイナス気味のときにも、プラスのときにもアプローチしたい。
そうすることでその人がどんな状態のときにも、何か助けになれる。

そのためにカウンセリングやコーチングを学んでいます。

カウンセリングとコーチングは違うの?

ちなみにカウンセリングとコーチングの違い、みなさん説明できますか?

できなくても大丈夫。
私も勉強するようになり、やっと理解できました。

もしご興味ある方はこちらのブログ記事もご覧ください。
コーチングとカウンセリングの違いについてご説明しています。

https://enoar.com/the-difference-between-counseling-and-coaching/

私もカウンセリングやコーチングについてはまだまだ勉強中です。

今勉強しています、興味があります。
もしこういう方がいたら、ぜひつながらせてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日もあなたが生き生きと前に進んでいけますように。

アイデアの最新記事8件